多様な性YES「LGBT知って」と名古屋でパレード
1投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2019年02月13日(水) 11時06分04秒
多様な性YES「LGBT知って」と名古屋でパレード
ニュース 2018年12月20日
http://www.jcp-aichi.jp/2018/1220-150833.html

「LGBTのことを知ってほしい」
「誰もが生きやすい社会を」―。
性的少数者を象徴する虹色の旗を掲げたパレードが15日夜、
名古屋市中区栄の繁華街で行われました。

主催は、レインボーなごや。
SNSなどで呼びかけられ、約30人が参加。
参加者は
「多様な性にYES」、「誰が好きでもええがや」など
プラカードを持ち、沿道の人たちに訴えました。
パレードを見た通行人や外国人観光客から
拍手が送られる姿も見られました。

参加したゆりさん(25)は
「私は女性です。
 彼女はMtF(体の性は男性で心の性は女性)です。
 戸籍の性別を変えるために性別適合手術がいる。
 こんな制度があるのは、世界で日本だけ。
 戸籍制度なんてなくなればいい」と話しました。
日本共産党のすやま初美参院選挙区予定候補も参加しました。
2投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2019年02月13日(水) 11時06分26秒
パレードに先立って、
「LGBTの夢と現実」と題したシンポジウムが
開かれました。
動画配信などでLGBTへの理解を広めるマサキチトセ氏が
講演。
「今年は、
 自民党の杉田議員による発言で
 社会を巻き込んだ運動に広がった」と振り返り、
「LGBTと一言に言っても、人それぞれで多様性がある。
 当事者の声を可視化させて、理解を広めることが重要」と
語りました。
「LGBTs集いと支援の場ぎふ・ぱすぽーと」の
田中雪斎さん、
レインボーなごやの酒井徹さんが
活動報告しました。
(『しんぶん赤旗』東海・北陸信越版2018年12月19日)
3投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2019年02月13日(水) 11時07分40秒
パレード実現

性的少数者を象徴する虹色の旗を掲げたパレードが、
昨年12月15日に名古屋で行われた。
私が共同代表を務めるレインボーなごやが主催した。

性的少数者については国政でも、
主要野党が共同で「差別解消法案」を国会に提出、
自民党は「理解増進法案」を提出する方針を固めた。
全国の主要都市では、
性的な多様性の尊重を求めるレインボーパレードが
数百人から数千人の規模で開かれている。

だが東海地方の中心地・名古屋では、
LGBTへの差別解消・理解増進の
機運の高まりにもかかわらず、
2018年はパレードがないという。
「今年もパレードがやりたい」との声が
当事者たちから寄せられた。
4投稿者:誰が好きでもええがや  投稿日:2019年02月13日(水) 11時07分56秒
そこから、手作り・手弁当でのパレードの準備が始まった。
全国の主要都市で行われるレインボーパレードと違って、
企業の協賛があるわけでもない。
プラカードも、
段ボールに白い紙を貼り、
「多様な性にYES」「誰が好きでもええがや」と
思い思いに手書きした。

結果、30人が参加する小さなパレードが実現できた。
沿道からは、通行人から拍手でエールが送られた。
(愛知県 酒井徹 団体役員 35歳)
(『しんぶん赤旗』「若いこだま」2019年1月9日)
投稿者 メール
(゚Д゚) <